万葉集1787番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1787番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1787番について

歌番号

1787番

原文

虚蝉乃|世人有者|大王之|御命恐弥|礒城嶋能|日本國乃|石上|振里尓|紐不解|丸寐乎為者|吾衣有|服者奈礼奴|毎見|戀者雖益|色二山上復有山者|一可知美|冬夜之|明毛不得呼|五十母不宿二|吾歯曽戀流|妹之直香仁

訓読

うつせみの|世の人なれば|大君の|命畏み|敷島の|大和の国の|石上|布留の里に|紐解かず|丸寝をすれば|我が着たる|衣はなれぬ|見るごとに|恋はまされど|色に出でば|人知りぬべみ|冬の夜の|明かしもえぬを|寐も寝ずに|我れはぞ恋ふる|妹が直香に

かな読み

うつせみの|よのひとなれば|おほきみの|みことかしこみ|しきしまの|やまとのくにの|いそのかみ|ふるのさとに|ひもとかず|まろねをすれば|あがきたる|ころもはなれぬ|みるごとに|こひはまされど|いろにいでば|ひとしりぬべみ|ふゆのよの|あかしもえぬを|いもねずに|あれはぞこふる|いもがただかに

カタカナ読み

ウツセミノ|ヨノヒトナレバ|オホキミノ|ミコトカシコミ|シキシマノ|ヤマトノクニノ|イソノカミ|フルノサトニ|ヒモトカズ|マロネヲスレバ|アガキタル|コロモハナレヌ|ミルゴトニ|コヒハマサレド|イロニイデバ|ヒトシリヌベミ|フユノヨノ|アカシモエヌヲ|イモネズニ|アレハゾコフル|イモガタダカニ

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMINO|YONOHITONAREBA|OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|SHIKISHIMANO|YAMATONOKUNINO|ISONOKAMI|FURUNOSATONI|HIMOTOKAZU|MARONEOSUREBA|AGAKITARU|KOROMOHANARENU|MIRUGOTONI|KOHIHAMASAREDO|IRONIIDEBA|HITOSHIRINUBEMI|FUYUNOYONO|AKASHIMOENUO|IMONEZUNI|AREHAZOKOFURU|IMOGATADAKANI

ローマ字読み|小文字

utsusemino|yonohitonareba|ohokimino|mikotokashikomi|shikishimano|yamatonokunino|isonokami|furunosatoni|himotokazu|maroneosureba|agakitaru|koromohanarenu|mirugotoni|kohihamasaredo|ironiideba|hitoshirinubemi|fuyunoyono|akashimoenuo|imonezuni|arehazokofuru|imogatadakani

左注|左註

右件五首笠朝臣金村之歌中出

事項|分類・ジャンル

相聞|天平1年12月年紀|天理|奈良|羈旅|恋情|地名|枕詞

校異

歌【西】謌【西(別筆訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(別筆訂正)】短歌|色【西(右書)】色色

寛永版本

うつせみの[寛],
よのひとなれば,[寛]よのひとなれは,
おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
しきしまの[寛],
やまとのくにの[寛],
いそのかみ[寛],
ふるのさとに,[寛]ふりにしさとに,
ひもとかず,[寛]ひもとかす,
まろねをすれば,[寛]まろねをすれは,
あがきたる,[寛]わかきたる,
ころもはなれぬ[寛],
みるごとに,[寛]みることに,
こひはまされど,[寛]こひはまされと,
いろにいでば,[寛]いろいろに,やまのへにまたあるやまは,
ひとしりぬべみ,[寛]ひとしりぬへみ,
ふゆのよの[寛],
あかしもえぬを[寛],
いもねずに,[寛]いもねすに,
あれはぞこふる,[寛]われはそこふる,
いもがただかに,[寛]いもかたたかに,

巻数

第9巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました