万葉集1721番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1721番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1721番について

歌番号

1721番

原文

辛苦|晩去日鴨|吉野川|清河原乎|雖見不飽君

訓読

苦しくも暮れゆく日かも吉野川清き川原を見れど飽かなくに

かな読み

くるしくも|くれゆくひかも|よしのがは|きよきかはらを|みれどあかなくに

カタカナ読み

クルシクモ|クレユクヒカモ|ヨシノガハ|キヨキカハラヲ|ミレドアカナクニ

ローマ字読み|大文字

KURUSHIKUMO|KUREYUKUHIKAMO|YOSHINOGAHA|KIYOKIKAHARAO|MIREDOAKANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kurushikumo|kureyukuhikamo|yoshinogaha|kiyokikaharao|miredoakanakuni

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|土地讃美|羈旅|非略体|地名

校異

特に無し

寛永版本

くるしくも[寛],
くれゆくひかも[寛],
よしのがは,[寛]よしのかは,
きよきかはらを[寛],
みれどあかなくに,[寛]みれとあかなくに,

巻数

第9巻

作者

元仁

タイトルとURLをコピーしました