万葉集1736番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1736番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1736番について

歌番号

1736番

原文

山高見|白木綿花尓|落多藝津|夏身之川門|雖見不飽香開

訓読

山高み白木綿花に落ちたぎつ夏身の川門見れど飽かぬかも

かな読み

やまたかみ|しらゆふばなに|おちたぎつ|なつみのかはと|みれどあかぬかも

カタカナ読み

ヤマタカミ|シラユフバナニ|オチタギツ|ナツミノカハト|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

YAMATAKAMI|SHIRAYUFUBANANI|OCHITAGITSU|NATSUMINOKAHATO|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamatakami|shirayufubanani|ochitagitsu|natsuminokahato|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|土地讃美|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やまたかみ[寛],
しらゆふばなに,[寛]しらゆふはなに,
おちたぎつ,[寛]おちたきつ,
なつみのかはと[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第9巻

作者

式部大倭

タイトルとURLをコピーしました