万葉集1725番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1725番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1725番について

歌番号

1725番

原文

古之|賢人之|遊兼|吉野川原|雖見不飽鴨

訓読

いにしへの賢しき人の遊びけむ吉野の川原見れど飽かぬかも

かな読み

いにしへの|さかしきひとの|あそびけむ|よしののかはら|みれどあかぬかも

カタカナ読み

イニシヘノ|サカシキヒトノ|アソビケム|ヨシノノカハラ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|SAKASHIKIHITONO|ASOBIKEMU|YOSHINONOKAHARA|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

inishiheno|sakashikihitono|asobikemu|yoshinonokahara|miredoakanukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|羈旅|土地讃美|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いにしへの[寛],
さかしきひとの[寛],
あそびけむ,[寛]あそひけむ,
よしののかはら[寛],
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第9巻

作者

麻呂

タイトルとURLをコピーしました