万葉集1777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1777番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1777番について

歌番号

1777番

原文

君無者|奈何身将装餝|匣有|黄楊之小梳毛|将取跡毛不念

訓読

君なくはなぞ身装はむ櫛笥なる黄楊の小櫛も取らむとも思はず

かな読み

きみなくは|なぞみよそはむ|くしげなる|つげのをぐしも|とらむともおもはず

カタカナ読み

キミナクハ|ナゾミヨソハム|クシゲナル|ツゲノヲグシモ|トラムトモオモハズ

ローマ字読み|大文字

KIMINAKUHA|NAZOMIYOSOHAMU|KUSHIGENARU|TSUGENOGUSHIMO|TORAMUTOMOMOHAZU

ローマ字読み|小文字

kiminakuha|nazomiyosohamu|kushigenaru|tsugenogushimo|toramutomomohazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|播磨娘子|餞別|別悞|姫路|兵庫

校異

特に無し

寛永版本

きみなくは[寛],
なぞみよそはむ,[寛]なそみかさらむ,
くしげなる,[寛]くしけなる,
つげのをぐしも,[寛]つけのをくしも,
とらむともおもはず,[寛]とらむともはす,

巻数

第9巻

作者

石川君子

タイトルとURLをコピーしました