万葉集1730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1730番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1730番について

歌番号

1730番

原文

山品之|石田乃小野之|母蘇原|見乍哉公之|山道越良武

訓読

山科の石田の小野のははそ原見つつか君が山道越ゆらむ

かな読み

やましなの|いはたのをのの|ははそはら|みつつかきみが|やまぢこゆらむ

カタカナ読み

ヤマシナノ|イハタノヲノノ|ハハソハラ|ミツツカキミガ|ヤマヂコユラム

ローマ字読み|大文字

YAMASHINANO|IHATANONONO|HAHASOHARA|MITSUTSUKAKIMIGA|YAMAJIKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

yamashinano|ihatanonono|hahasohara|mitsutsukakimiga|yamajikoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|留守|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

やましなの[寛],
いはたのをのの[寛],
ははそはら[寛],
みつつかきみが,[寛]みつつやきみか,
やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,

巻数

第9巻

作者

藤原宇合

タイトルとURLをコピーしました