万葉集1729番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1729番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1729番について

歌番号

1729番

原文

暁之|夢所見乍|梶嶋乃|石<超>浪乃|敷弖志所念

訓読

暁の夢に見えつつ梶島の礒越す波のしきてし思ほゆ

かな読み

あかときの|いめにみえつつ|かぢしまの|いそこすなみの|しきてしおもほゆ

カタカナ読み

アカトキノ|イメニミエツツ|カヂシマノ|イソコスナミノ|シキテシオモホユ

ローマ字読み|大文字

AKATOKINO|IMENIMIETSUTSU|KAJISHIMANO|ISOKOSUNAMINO|SHIKITESHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

akatokino|imenimietsutsu|kajishimano|isokosunamino|shikiteshiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|九州|京都|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|越->超【藍】【類】【紀】

寛永版本

あかときの,[寛]あかつきの,
いめにみえつつ,[寛]ゆめにみえつつ,
かぢしまの,[寛]かちしまの,
いそこすなみの[寛],
しきてしおもほゆ,[寛]しきてしそおもふ,

巻数

第9巻

作者

藤原宇合

タイトルとURLをコピーしました