万葉集1799番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1799番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1799番について

歌番号

1799番

原文

<玉>津嶋|礒之裏<未>之|真名<子>仁文|尓保比去名|妹觸險

訓読

玉津島礒の浦廻の真砂にもにほひて行かな妹も触れけむ

かな読み

たまつしま|いそのうらみの|まなごにも|にほひてゆかな|いももふれけむ

カタカナ読み

タマツシマ|イソノウラミノ|マナゴニモ|ニホヒテユカナ|イモモフレケム

ローマ字読み|大文字

TAMATSUSHIMA|ISONORAMINO|MANAGONIMO|NIHOHITEYUKANA|IMOMOFUREKEMU

ローマ字読み|小文字

tamatsushima|isonoramino|managonimo|nihohiteyukana|imomofurekemu

左注|左註

右五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|紀伊|和歌山|行幸|悲嘆|恋情|亡妻|非略体|地名

校異

->玉【西(左書)】【元】【藍】【類】|末->未【元】|->子【紀】|比(塙)比弖(楓)比尓

寛永版本

たまつしま[寛],
いそのうらみの,[寛]いそのうらまの,
まなごにも,[寛]まなこにも,
にほひてゆかな[寛],
いももふれけむ[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました