万葉集1724番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1724番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1724番について

歌番号

1724番

原文

欲見|来之久毛知久|吉野川|音清左|見二友敷

訓読

見まく欲り来しくもしるく吉野川音のさやけさ見るにともしく

かな読み

みまくほり|こしくもしるく|よしのがは|おとのさやけさ|みるにともしく

カタカナ読み

ミマクホリ|コシクモシルク|ヨシノガハ|オトノサヤケサ|ミルニトモシク

ローマ字読み|大文字

MIMAKUHORI|KOSHIKUMOSHIRUKU|YOSHINOGAHA|OTONOSAYAKESA|MIRUNITOMOSHIKU

ローマ字読み|小文字

mimakuhori|koshikumoshiruku|yoshinogaha|otonosayakesa|mirunitomoshiku

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|柿本人麻呂歌集|吉野|土地讃美|羈旅|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

みまくほり[寛],
こしくもしるく[寛],
よしのがは,[寛]よしのかは,
おとのさやけさ[寛],
みるにともしく,[寛]みるにともしき,

巻数

第9巻

作者

嶋足

タイトルとURLをコピーしました