万葉集1682番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1682番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1682番について

歌番号

1682番

原文

常之<倍>尓|夏冬徃哉|裘|扇不放|山住人

訓読

とこしへに夏冬行けや裘扇放たぬ山に住む人

かな読み

とこしへに|なつふゆゆけや|かはごろも|あふぎはなたぬ|やまにすむひと

カタカナ読み

トコシヘニ|ナツフユユケヤ|カハゴロモ|アフギハナタヌ|ヤマニスムヒト

ローマ字読み|大文字

TOKOSHIHENI|NATSUFUYUYUKEYA|KAHAGOROMO|AFUGIHANATANU|YAMANISUMUHITO

ローマ字読み|小文字

tokoshiheni|natsufuyuyukeya|kahagoromo|afugihanatanu|yamanisumuhito

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|献呈歌|詠物|忍壁皇子|非略体

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|陪->倍【藍】【壬】【類】【紀】

寛永版本

とこしへに[寛],
なつふゆゆけや[寛],
かはごろも,[寛]かはころも,
あふぎはなたぬ,[寛]あふきはなたす,
やまにすむひと[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました