万葉集1811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1811番について

歌番号

1811番

原文

墓上之|木枝靡有|如聞|陳努<壮>士尓之|<依>家良信母

訓読

墓の上の木の枝靡けり聞きしごと茅渟壮士にし寄りにけらしも

かな読み

はかのうへの|このえなびけり|ききしごと|ちぬをとこにし|よりにけらしも

カタカナ読み

ハカノウヘノ|コノエナビケリ|キキシゴト|チヌヲトコニシ|ヨリニケラシモ

ローマ字読み|大文字

HAKANOHENO|KONOENABIKERI|KIKISHIGOTO|CHINUOTOKONISHI|YORINIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

hakanoheno|konoenabikeri|kikishigoto|chinuotokonishi|yorinikerashimo

左注|左註

右五首高橋連蟲麻呂之歌集中出

事項|分類・ジャンル

挽歌|芦屋|兵庫|尫渧媿娘子|伝説|妻争媿|地名

校異

牡->壮【元】【藍】【類】|依倍->依【元】【藍】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はかのうへの,[寛]つかのうへの,
このえなびけり,[寛]このえなひけり,
ききしごと,[寛]きくかこと,
ちぬをとこにし[寛],
よりにけらしも,[寛]よるへけらしも,

巻数

第9巻

作者

高橋虫麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました