万葉集1695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1695番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1695番について

歌番号

1695番

原文

妹門|入出見川乃|床奈馬尓|三雪遣|未冬鴨

訓読

妹が門入り泉川の常滑にみ雪残れりいまだ冬かも

かな読み

いもがかど|いりいづみがはの|とこなめに|みゆきのこれり|いまだふゆかも

カタカナ読み

イモガカド|イリイヅミガハノ|トコナメニ|ミユキノコレリ|イマダフユカモ

ローマ字読み|大文字

IMOGAKADO|IRIIZUMIGAHANO|TOKONAMENI|MIYUKINOKORERI|IMADAFUYUKAMO

ローマ字読み|小文字

imogakado|iriizumigahano|tokonameni|miyukinokoreri|imadafuyukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|木津川|京都|羈旅|非略体|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもがかど,[寛]いもかかと,
いりいづみがはの,[寛]いりいつみかはの,
とこなめに[寛],
みゆきのこれり[寛],
いまだふゆかも,[寛]いまたふゆかも,

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました