万葉集1696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1696番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1696番について

歌番号

1696番

原文

衣手乃|名木之川邊乎|春雨|吾立沾等|家念良武可

訓読

衣手の名木の川辺を春雨に我れ立ち濡ると家思ふらむか

かな読み

ころもでの|なきのかはへを|はるさめに|われたちぬると|いへおもふらむか

カタカナ読み

コロモデノ|ナキノカハヘヲ|ハルサメニ|ワレタチヌルト|イヘオモフラムカ

ローマ字読み|大文字

KOROMODENO|NAKINOKAHAHEO|HARUSAMENI|WARETACHINURUTO|IHEOMOFURAMUKA

ローマ字読み|小文字

koromodeno|nakinokahaheo|harusameni|waretachinuruto|iheomofuramuka

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集所出

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|非略体|地名|望郷

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ころもでの,[寛]ころもての,
なきのかはへを[寛],
はるさめに[寛],
われたちぬると[寛],
いへおもふらむか[寛],

巻数

第9巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました