万葉集1472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1472番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1472番について

歌番号

1472番

原文

霍公鳥|来鳴令響|宇乃花能|共也来之登|問麻思物乎

訓読

霍公鳥来鳴き響もす卯の花の伴にや来しと問はましものを

かな読み

ほととぎす|きなきとよもす|うのはなの|ともにやこしと|とはましものを

カタカナ読み

ホトトギス|キナキトヨモス|ウノハナノ|トモニヤコシト|トハマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|KINAKITOYOMOSU|UNOHANANO|TOMONIYAKOSHITO|TOHAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|kinakitoyomosu|unohanano|tomoniyakoshito|tohamashimono

左注|左註

右神龜五年戊辰大宰帥大伴卿之妻大伴郎女遇病長逝焉|于時|勅使式部大輔石上朝臣堅魚遣<大>宰府弔喪并賜物也|其事既畢驛使及府諸卿大夫等共登記夷城而望遊之日乃作此歌

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|太宰府|大伴旅人|動物|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|太->大【紀】【温】|歌【西】謌

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
きなきとよもす,[寛]きなきとよます,
うのはなの[寛],
ともにやこしと[寛],
とはましものを[寛],

巻数

第8巻

作者

石上堅魚

タイトルとURLをコピーしました