万葉集1435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1435番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1435番について

歌番号

1435番

原文

河津鳴|甘南備河尓|陰所見<而>|今香開良武|山振乃花

訓読

かはづ鳴く神奈備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花

かな読み

かはづなく|かむなびかはに|かげみえて|いまかさくらむ|やまぶきのはな

カタカナ読み

カハヅナク|カムナビカハニ|カゲミエテ|イマカサクラム|ヤマブキノハナ

ローマ字読み|大文字

KAHAZUNAKU|KAMUNABIKAHANI|KAGEMIETE|IMAKASAKURAMU|YAMABUKINOHANA

ローマ字読み|小文字

kahazunaku|kamunabikahani|kagemiete|imakasakuramu|yamabukinohana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|飛鳥川|竜田川|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->而【類】【紀】

寛永版本

かはづなく,[寛]かはつなく,
かむなびかはに,[寛]かみなひかはに,
かげみえて,[寛]かけみえて,
いまかさくらむ,[寛]いまやさくらむ,
やまぶきのはな,[寛]やまふきのはな,

巻数

第8巻

作者

厚見王

タイトルとURLをコピーしました