万葉集1450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1450番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1450番について

歌番号

1450番

原文

情具伎|物尓曽有鶏類|春霞|多奈引時尓|戀乃繁者

訓読

心ぐきものにぞありける春霞たなびく時に恋の繁きは

かな読み

こころぐき|ものにぞありける|はるかすみ|たなびくときに|こひのしげきは

カタカナ読み

ココログキ|モノニゾアリケル|ハルカスミ|タナビクトキニ|コヒノシゲキハ

ローマ字読み|大文字

KOKOROGUKI|MONONIZOARIKERU|HARUKASUMI|TANABIKUTOKINI|KOHINOSHIGEKIHA

ローマ字読み|小文字

kokoroguki|mononizoarikeru|harukasumi|tanabikutokini|kohinoshigekiha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こころぐき,[寛]こころくき,
ものにぞありける,[寛]ものにそありける,
はるかすみ[寛],
たなびくときに,[寛]たなひくときに,
こひのしげきは,[寛]こひのしけれは,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました