万葉集1618番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1618番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1618番について

歌番号

1618番

原文

玉尓貫|不令消賜良牟|秋芽子乃|宇礼和々良葉尓|置有白露

訓読

玉に貫き消たず賜らむ秋萩の末わくらばに置ける白露

かな読み

たまにぬき|けたずたばらむ|あきはぎの|うれわくらばに|おけるしらつゆ

カタカナ読み

タマニヌキ|ケタズタバラム|アキハギノ|ウレワクラバニ|オケルシラツユ

ローマ字読み|大文字

TAMANINUKI|KETAZUTABARAMU|AKIHAGINO|UREWAKURABANI|OKERUSHIRATSUYU

ローマ字読み|小文字

tamaninuki|ketazutabaramu|akihagino|urewakurabani|okerushiratsuyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|娘子|贈答|植物

校異

賜->贈【紀】【温】【矢】【京】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たまにぬき[寛],
けたずたばらむ,[寛]けさてたまらむ,
あきはぎの,[寛]あきはきの,
うれわくらばに,[寛]うれわわらはに,
おけるしらつゆ[寛],

巻数

第8巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました