万葉集1553番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1553番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1553番について

歌番号

1553番

原文

<鍾>礼能雨|無間零者|三笠山|木末歴|色附尓家里

訓読

時雨の雨間なくし降れば御笠山木末あまねく色づきにけり

かな読み

しぐれのあめ|まなくしふれば|みかさやま|こぬれあまねく|いろづきにけり

カタカナ読み

シグレノアメ|マナクシフレバ|ミカサヤマ|コヌレアマネク|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

SHIGURENOAME|MANAKUSHIFUREBA|MIKASAYAMA|KONUREAMANEKU|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

shigurenoame|manakushifureba|mikasayama|konureamaneku|irozukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|地名|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|鐘->鍾【類】

寛永版本

しぐれのあめ,[寛]しくれのあめ,
まなくしふれば,[寛]まなくしふれは,
みかさやま[寛],
こぬれあまねく,[寛]こすゑあまねく,
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第8巻

作者

大伴稲公

タイトルとURLをコピーしました