万葉集1505番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1505番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1505番について

歌番号

1505番

原文

霍公鳥|鳴之登時|君之家尓|徃跡追者|将至鴨

訓読

霍公鳥鳴きしすなはち君が家に行けと追ひしは至りけむかも

かな読み

ほととぎす|なきしすなはち|きみがいへに|ゆけとおひしは|いたりけむかも

カタカナ読み

ホトトギス|ナキシスナハチ|キミガイヘニ|ユケトオヒシハ|イタリケムカモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKISHISUNAHACHI|KIMIGAIHENI|YUKETOHISHIHA|ITARIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakishisunahachi|kimigaiheni|yuketohishiha|itarikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|大伴家持|贈答|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なきしすなはち[寛],
きみがいへに,[寛]きみかいへに,
ゆけとおひしは,[寛]ゆけとをひしは,
いたりけむかも[寛],

巻数

第8巻

作者

大神女郎

タイトルとURLをコピーしました