万葉集1500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1500番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1500番について

歌番号

1500番

原文

夏野<之>|繁見丹開有|姫由理乃|不所知戀者|苦物曽

訓読

夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ

かな読み

なつののの|しげみにさける|ひめゆりの|しらえぬこひは|くるしきものぞ

カタカナ読み

ナツノノノ|シゲミニサケル|ヒメユリノ|シラエヌコヒハ|クルシキモノゾ

ローマ字読み|大文字

NATSUNONONO|SHIGEMINISAKERU|HIMEYURINO|SHIRAENUKOHIHA|KURUSHIKIMONOZO

ローマ字読み|小文字

natsunonono|shigeminisakeru|himeyurino|shiraenukohiha|kurushikimonozo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|片思媿|忍恋媿|恋情|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|乃->之【類】【紀】【矢】【京】

寛永版本

なつののの[寛],
しげみにさける,[寛]しけみにさける,
ひめゆりの[寛],
しらえぬこひは,[寛]しられぬこひは,
くるしきものぞ,[寛]くるしきものを,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました