万葉集1418番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1418番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1418番について

歌番号

1418番

原文

石激|垂見之上乃|左和良妣乃|毛要出春尓|成来鴨

訓読

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも

かな読み

いはばしる|たるみのうへの|さわらびの|もえいづるはるに|なりにけるかも

カタカナ読み

イハバシル|タルミノウヘノ|サワラビノ|モエイヅルハルニ|ナリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

IHABASHIRU|TARUMINOHENO|SAWARABINO|MOEIZURUHARUNI|NARINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

ihabashiru|taruminoheno|sawarabino|moeizuruharuni|narinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|喜び|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌|激【類】灑

寛永版本

いはばしる,[寛]いはそそく,
たるみのうへの[寛],
さわらびの,[寛]さわらひの,
もえいづるはるに,[寛]もえいつるはるに,
なりにけるかも[寛],

巻数

第8巻

作者

志貴皇子

タイトルとURLをコピーしました