万葉集1591番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1591番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1591番について

歌番号

1591番

原文

黄葉乃|過麻久惜美|思共|遊今夜者|不開毛有奴香

訓読

黄葉の過ぎまく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜は明けずもあらぬか

かな読み

もみちばの|すぎまくをしみ|おもふどち|あそぶこよひは|あけずもあらぬか

カタカナ読み

モミチバノ|スギマクヲシミ|オモフドチ|アソブコヨヒハ|アケズモアラヌカ

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANO|SUGIMAKUOSHIMI|OMOFUDOCHI|ASOBUKOYOHIHA|AKEZUMOARANUKA

ローマ字読み|小文字

momichibano|sugimakuoshimi|omofudochi|asobukoyohiha|akezumoaranuka

左注|左註

右一首内舎人大伴宿祢家持|以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|橘奈良麻呂|宴席|天平10年10月17日年紀|植物

校異

特に無し

寛永版本

もみちばの,[寛]もみちはの,
すぎまくをしみ,[寛]すきまくをしみ,
おもふどち,[寛]おもふとち,
あそぶこよひは,[寛]あそふこよひは,
あけずもあらぬか,[寛]あけすもあらぬか,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました