万葉集1657番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1657番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1657番について

歌番号

1657番

原文

官尓毛|縦賜有|今夜耳|将欲酒可毛|散許須奈由米

訓読

官にも許したまへり今夜のみ飲まむ酒かも散りこすなゆめ

かな読み

つかさにも|ゆるしたまへり|こよひのみ|のまむさけかも|ちりこすなゆめ

カタカナ読み

ツカサニモ|ユルシタマヘリ|コヨヒノミ|ノマムサケカモ|チリコスナユメ

ローマ字読み|大文字

TSUKASANIMO|YURUSHITAMAHERI|KOYOHINOMI|NOMAMUSAKEKAMO|CHIRIKOSUNAYUME

ローマ字読み|小文字

tsukasanimo|yurushitamaheri|koyohinomi|nomamusakekamo|chirikosunayume

左注|左註

右酒者<官>禁制称|京中閭里不得集宴|但親々一二飲樂聴許者|縁此和人作此發句焉

事項|分類・ジャンル

冬相聞|禁酒|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|宮->官【類】【紀】【古】

寛永版本

つかさにも[寛],
ゆるしたまへり,[寛]ゆるしたまへる,
こよひのみ[寛],
のまむさけかも[寛],
ちりこすなゆめ[寛],

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました