万葉集1567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1567番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1567番について

歌番号

1567番

原文

雲隠|鳴奈流鴈乃|去而将居|秋田之穂立|繁之所念

訓読

雲隠り鳴くなる雁の行きて居む秋田の穂立繁くし思ほゆ

かな読み

くもがくり|なくなるかりの|ゆきてゐむ|あきたのほたち|しげくしおもほゆ

カタカナ読み

クモガクリ|ナクナルカリノ|ユキテヰム|アキタノホタチ|シゲクシオモホユ

ローマ字読み|大文字

KUMOGAKURI|NAKUNARUKARINO|YUKITEIMU|AKITANOHOTACHI|SHIGEKUSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

kumogakuri|nakunarukarino|yukiteimu|akitanohotachi|shigekushiomohoyu

左注|左註

右四首天平八年丙子秋九月作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|天平8年9月年紀|動物

校異

特に無し

寛永版本

くもがくり,[寛]くもかくれ,
なくなるかりの[寛],
ゆきてゐむ,[寛]ゆきていむ,
あきたのほたち[寛],
しげくしおもほゆ,[寛]しけくしそおもふ,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました