万葉集1652番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1652番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1652番について

歌番号

1652番

原文

梅花|折毛不折毛|見都礼杼母|今夜能花尓|尚不如家利

訓読

梅の花折りも折らずも見つれども今夜の花になほしかずけり

かな読み

うめのはな|をりもをらずも|みつれども|こよひのはなに|なほしかずけり

カタカナ読み

ウメノハナ|ヲリモヲラズモ|ミツレドモ|コヨヒノハナニ|ナホシカズケリ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|ORIMORAZUMO|MITSUREDOMO|KOYOHINOHANANI|NAHOSHIKAZUKERI

ローマ字読み|小文字

umenohana|orimorazumo|mitsuredomo|koyohinohanani|nahoshikazukeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うめのはな[寛],
をりもをらずも,[寛]をりもをらすも,
みつれども,[寛]みつれとも,
こよひのはなに[寛],
なほしかずけり,[寛]なほしかすけり,

巻数

第8巻

作者

他田廣津娘子

タイトルとURLをコピーしました