万葉集1506番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1506番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1506番について

歌番号

1506番

原文

古郷之|奈良思乃岳能|霍公鳥|言告遣之|何如告寸八

訓読

故郷の奈良思の岡の霍公鳥言告げ遣りしいかに告げきや

かな読み

ふるさとの|ならしのをかの|ほととぎす|ことつげやりし|いかにつげきや

カタカナ読み

フルサトノ|ナラシノヲカノ|ホトトギス|コトツゲヤリシ|イカニツゲキヤ

ローマ字読み|大文字

FURUSATONO|NARASHINOKANO|HOTOTOGISU|KOTOTSUGEYARISHI|IKANITSUGEKIYA

ローマ字読み|小文字

furusatono|narashinokano|hototogisu|kototsugeyarishi|ikanitsugekiya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|坂上大嬢|贈答|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ふるさとの[寛],
ならしのをかの[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
ことつげやりし,[寛]ことつけやりし,
いかにつげきや,[寛]いかにつけきや,

巻数

第8巻

作者

田村大嬢

タイトルとURLをコピーしました