万葉集1441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1441番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1441番について

歌番号

1441番

原文

打霧之|雪者零乍|然為我二|吾宅乃苑尓|鴬鳴裳

訓読

うち霧らひ雪は降りつつしかすがに我家の苑に鴬鳴くも

かな読み

うちきらし|ゆきはふりつつ|しかすがに|わぎへのそのに|うぐひすなくも

カタカナ読み

ウチキラシ|ユキハフリツツ|シカスガニ|ワギヘノソノニ|ウグヒスナクモ

ローマ字読み|大文字

UCHIKIRASHI|YUKIHAFURITSUTSU|SHIKASUGANI|WAGIHENOSONONI|UGUHISUNAKUMO

ローマ字読み|小文字

uchikirashi|yukihafuritsutsu|shikasugani|wagihenosononi|uguhisunakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うちきらし[寛],
ゆきはふりつつ[寛],
しかすがに,[寛]しかすかに,
わぎへのそのに,[寛]わかへのそのに,
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました