万葉集1647番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1647番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1647番について

歌番号

1647番

原文

梅花|枝尓可散登|見左右二|風尓乱而|雪曽落久類

訓読

梅の花枝にか散ると見るまでに風に乱れて雪ぞ降り来る

かな読み

うめのはな|えだにかちると|みるまでに|かぜにみだれて|ゆきぞふりくる

カタカナ読み

ウメノハナ|エダニカチルト|ミルマデニ|カゼニミダレテ|ユキゾフリクル

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|EDANIKACHIRUTO|MIRUMADENI|KAZENIMIDARETE|YUKIZOFURIKURU

ローマ字読み|小文字

umenohana|edanikachiruto|mirumadeni|kazenimidarete|yukizofurikuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うめのはな[寛],
えだにかちると,[寛]えたにかちると,
みるまでに,[寛]みるまてに,
かぜにみだれて,[寛]かせにみたれて,
ゆきぞふりくる,[寛]ゆきをちりくる,

巻数

第8巻

作者

忌部黒麻呂

タイトルとURLをコピーしました