万葉集1651番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1651番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1651番について

歌番号

1651番

原文

沫雪乃|比日續而|如此落者|梅始花|散香過南

訓読

沫雪のこのころ継ぎてかく降らば梅の初花散りか過ぎなむ

かな読み

あわゆきの|このころつぎて|かくふらば|うめのはつはな|ちりかすぎなむ

カタカナ読み

アワユキノ|コノコロツギテ|カクフラバ|ウメノハツハナ|チリカスギナム

ローマ字読み|大文字

AWAYUKINO|KONOKOROTSUGITE|KAKUFURABA|UMENOHATSUHANA|CHIRIKASUGINAMU

ローマ字読み|小文字

awayukino|konokorotsugite|kakufuraba|umenohatsuhana|chirikasuginamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あわゆきの,[寛]あはゆきの,
このころつぎて,[寛]ひなへにつきて,
かくふらば,[寛]かくふれは,
うめのはつはな[寛],
ちりかすぎなむ,[寛]ちりかすきなむ,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました