万葉集1635番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1635番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1635番について

歌番号

1635番

原文

佐保河之|水乎塞上而|殖之田乎|[尼作]|苅流早飯者|獨奈流倍思|[家持續]

訓読

佐保川の水を堰き上げて植ゑし田を|[尼作]|刈れる初飯はひとりなるべし|[家持續]

かな読み

さほがはの|みづをせきあげて|うゑしたを|かれるはついひは|ひとりなるべし

カタカナ読み

サホガハノ|ミヅヲセキアゲテ|ウヱシタヲ|カレルハツイヒハ|ヒトリナルベシ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANO|MIZUOSEKIAGETE|UESHITAO|KARERUHATSUIHIHA|HITORINARUBESHI

ローマ字読み|小文字

sahogahano|mizuosekiagete|ueshitao|kareruhatsuihiha|hitorinarubeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|大伴家持|連歌|地名|奈良

校異

句等【矢】【京】句|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

さほがはの,[寛]さほかはの,
みづをせきあげて,[寛]みつをせきあけて,
うゑしたを[寛],
かれるはついひは,[寛]かるわさいひは,
ひとりなるべし,[寛]ひとりなるへし,

巻数

第8巻

作者

タイトルとURLをコピーしました