万葉集1640番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1640番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1640番について

歌番号

1640番

原文

吾岳尓|盛開有|梅花|遺有雪乎|乱鶴鴨

訓読

我が岡に盛りに咲ける梅の花残れる雪をまがへつるかも

かな読み

わがをかに|さかりにさける|うめのはな|のこれるゆきを|まがへつるかも

カタカナ読み

ワガヲカニ|サカリニサケル|ウメノハナ|ノコレルユキヲ|マガヘツルカモ

ローマ字読み|大文字

WAGAOKANI|SAKARINISAKERU|UMENOHANA|NOKORERUYUKIO|MAGAHETSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagaokani|sakarinisakeru|umenohana|nokoreruyukio|magahetsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|太宰府|福岡県|地名|植物

校異

太->大【類】【紀】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがをかに,[寛]わかをかに,
さかりにさける[寛],
うめのはな[寛],
のこれるゆきを[寛],
まがへつるかも,[寛]まかへをるかも,

巻数

第8巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました