万葉集1637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1637番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集1637番について

歌番号

1637番

原文

波太須珠寸|尾花逆葺|黒木用|造有室者|迄萬代

訓読

はだすすき尾花逆葺き黒木もち造れる室は万代までに

かな読み

はだすすき|をばなさかふき|くろきもち|つくれるむろは|よろづよまでに

カタカナ読み

ハダススキ|ヲバナサカフキ|クロキモチ|ツクレルムロハ|ヨロヅヨマデニ

ローマ字読み|大文字

HADASUSUKI|OBANASAKAFUKI|KUROKIMOCHI|TSUKURERUMUROHA|YOROZUYOMADENI

ローマ字読み|小文字

hadasusuki|obanasakafuki|kurokimochi|tsukurerumuroha|yorozuyomadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|室讃姤|宴席|長屋王|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はだすすき,[寛]はたすすき,
をばなさかふき,[寛]をはなさかふき,
くろきもち[寛],
つくれるむろは,[寛]つくれるやとは,
よろづよまでに,[寛]よろつよまてに,

巻数

第8巻

作者

元正天皇

タイトルとURLをコピーしました