万葉集1636番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1636番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1636番について

歌番号

1636番

原文

大口能|真神之原尓|零雪者|甚莫零|家母不有國

訓読

大口の真神の原に降る雪はいたくな降りそ家もあらなくに

かな読み

おほくちの|まかみのはらに|ふるゆきは|いたくなふりそ|いへもあらなくに

カタカナ読み

オホクチノ|マカミノハラニ|フルユキハ|イタクナフリソ|イヘモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

OHOKUCHINO|MAKAMINOHARANI|FURUYUKIHA|ITAKUNAFURISO|IHEMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

ohokuchino|makaminoharani|furuyukiha|itakunafuriso|ihemoaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|飛鳥|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほくちの[寛],
まかみのはらに[寛],
ふるゆきは[寛],
いたくなふりそ[寛],
いへもあらなくに[寛],

巻数

第8巻

作者

舎人娘子

タイトルとURLをコピーしました