万葉集1581番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1581番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1581番について

歌番号

1581番

原文

不手折而|落者惜常|我念之|秋黄葉乎|挿頭鶴鴨

訓読

手折らずて散りなば惜しと我が思ひし秋の黄葉をかざしつるかも

かな読み

たをらずて|ちりなばをしと|わがおもひし|あきのもみちを|かざしつるかも

カタカナ読み

タヲラズテ|チリナバヲシト|ワガオモヒシ|アキノモミチヲ|カザシツルカモ

ローマ字読み|大文字

TAORAZUTE|CHIRINABAOSHITO|WAGAOMOHISHI|AKINOMOMICHIO|KAZASHITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

taorazute|chirinabaoshito|wagaomohishi|akinomomichio|kazashitsurukamo

左注|左註

右二首橘朝臣奈良麻呂|以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|宴席|天平10年10月17日年紀|植物

校異

朝臣【類】宿祢|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たをらずて,[寛]たをらすて,
ちりなばをしと,[寛]ちりなはをしと,
わがおもひし,[寛]わかおもひし,
あきのもみちを[寛],
かざしつるかも,[寛]かさしつるかも,

巻数

第8巻

作者

橘奈良麻呂

タイトルとURLをコピーしました