万葉集1513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1513番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1513番について

歌番号

1513番

原文

今朝之旦開|鴈之鳴聞都|春日山|黄葉家良思|吾情痛之

訓読

今朝の朝明雁が音聞きつ春日山もみちにけらし我が心痛し

かな読み

けさのあさけ|かりがねききつ|かすがやま|もみちにけらし|あがこころいたし

カタカナ読み

ケサノアサケ|カリガネキキツ|カスガヤマ|モミチニケラシ|アガココロイタシ

ローマ字読み|大文字

KESANOASAKE|KARIGANEKIKITSU|KASUGAYAMA|MOMICHINIKERASHI|AGAKOKOROITASHI

ローマ字読み|小文字

kesanoasake|kariganekikitsu|kasugayama|momichinikerashi|agakokoroitashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|動物|地名|季節

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

けさのあさけ[寛],
かりがねききつ,[寛]かりかねききつ,
かすがやま,[寛]かすかやま,
もみちにけらし[寛],
あがこころいたし,[寛]わかこころいたし,

巻数

第8巻

作者

穂積皇子

タイトルとURLをコピーしました