万葉集1544番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1544番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1544番について

歌番号

1544番

原文

牽牛之|念座良武|従情|見吾辛苦|夜之更降去者

訓読

彦星の思ひますらむ心より見る我れ苦し夜の更けゆけば

かな読み

ひこほしの|おもひますらむ|こころより|みるわれくるし|よのふけゆけば

カタカナ読み

ヒコホシノ|オモヒマスラム|ココロヨリ|ミルワレクルシ|ヨノフケユケバ

ローマ字読み|大文字

HIKOHOSHINO|OMOHIMASURAMU|KOKOROYORI|MIRUWAREKURUSHI|YONOFUKEYUKEBA

ローマ字読み|小文字

hikohoshino|omohimasuramu|kokoroyori|miruwarekurushi|yonofukeyukeba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひこほしの[寛],
おもひますらむ[寛],
こころより,[寛]こころゆも,
みるわれくるし[寛],
よのふけゆけば,[寛]よのふけゆけは,

巻数

第8巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました