万葉集1634番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1634番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1634番について

歌番号

1634番

原文

衣手尓|水澁付左右|殖之田乎|引板吾波倍|真守有栗子

訓読

衣手に水渋付くまで植ゑし田を引板我が延へまもれる苦し

かな読み

ころもでに|みしぶつくまで|うゑしたを|ひきたわがはへ|まもれるくるし

カタカナ読み

コロモデニ|ミシブツクマデ|ウヱシタヲ|ヒキタワガハヘ|マモレルクルシ

ローマ字読み|大文字

KOROMODENI|MISHIBUTSUKUMADE|UESHITAO|HIKITAWAGAHAHE|MAMORERUKURUSHI

ローマ字読み|小文字

koromodeni|mishibutsukumade|ueshitao|hikitawagahahe|mamorerukurushi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ころもでに,[寛]ころもてに,
みしぶつくまで,[寛]みしふつくまて,
うゑしたを[寛],
ひきたわがはへ,[寛]ひきたわれはへ,
まもれるくるし[寛],

巻数

第8巻

作者

タイトルとURLをコピーしました