万葉集1594番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1594番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1594番について

歌番号

1594番

原文

思具礼能雨|無間莫零|紅尓|丹保敝流山之|落巻惜毛

訓読

時雨の雨間なくな降りそ紅ににほへる山の散らまく惜しも

かな読み

しぐれのあめ|まなくなふりそ|くれなゐに|にほへるやまの|ちらまくをしも

カタカナ読み

シグレノアメ|マナクナフリソ|クレナヰニ|ニホヘルヤマノ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

SHIGURENOAME|MANAKUNAFURISO|KURENAINI|NIHOHERUYAMANO|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

shigurenoame|manakunafuriso|kurenaini|nihoheruyamano|chiramakuoshimo

左注|左註

右冬十月皇后宮之維摩講|終日供養大唐高麗等種々音樂|尓乃唱此歌詞|弾琴者市原王|忍坂王[後賜姓大原真人赤麻呂也]|歌子者田口朝臣家守|河邊朝臣東人|置始連長谷等十數人也

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|天平11年10月年紀|光明皇后|誦唱

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|謌【温】【矢】【京】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しぐれのあめ,[寛]しくれのあめ,
まなくなふりそ[寛],
くれなゐに[寛],
にほへるやまの[寛],
ちらまくをしも[寛],

巻数

第8巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました