万葉集1467番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1467番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1467番について

歌番号

1467番

原文

霍公鳥|無流國尓毛|去而師香|其鳴音手|間者辛苦母

訓読

霍公鳥なかる国にも行きてしかその鳴く声を聞けば苦しも

かな読み

ほととぎす|なかるくににも|ゆきてしか|そのなくこゑを|きけばくるしも

カタカナ読み

ホトトギス|ナカルクニニモ|ユキテシカ|ソノナクコヱヲ|キケバクルシモ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKARUKUNINIMO|YUKITESHIKA|SONONAKUKOEO|KIKEBAKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakarukuninimo|yukiteshika|sononakukoeo|kikebakurushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

歌【西】謌

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なかるくににも[寛],
ゆきてしか[寛],
そのなくこゑを[寛],
きけばくるしも,[寛]きけはくるしも,

巻数

第8巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました