万葉集1440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1440番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1440番について

歌番号

1440番

原文

春雨乃|敷布零尓|高圓|山能櫻者|何如有良武

訓読

春雨のしくしく降るに高円の山の桜はいかにかあるらむ

かな読み

はるさめの|しくしくふるに|たかまとの|やまのさくらは|いかにかあるらむ

カタカナ読み

ハルサメノ|シクシクフルニ|タカマトノ|ヤマノサクラハ|イカニカアルラム

ローマ字読み|大文字

HARUSAMENO|SHIKUSHIKUFURUNI|TAKAMATONO|YAMANOSAKURAHA|IKANIKAARURAMU

ローマ字読み|小文字

harusameno|shikushikufuruni|takamatono|yamanosakuraha|ikanikaaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|高円山|奈良|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はるさめの,[寛]はるのあめの,
しくしくふるに,[寛]しきしきふるに,
たかまとの[寛],
やまのさくらは[寛],
いかにかあるらむ[寛],

巻数

第8巻

作者

河辺東人

タイトルとURLをコピーしました