万葉集1596番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1596番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1596番について

歌番号

1596番

原文

妹家之|門田乎見跡|打出来之|情毛知久|照月夜鴨

訓読

妹が家の門田を見むとうち出で来し心もしるく照る月夜かも

かな読み

いもがいへの|かどたをみむと|うちいでこし|こころもしるく|てるつくよかも

カタカナ読み

イモガイヘノ|カドタヲミムト|ウチイデコシ|ココロモシルク|テルツクヨカモ

ローマ字読み|大文字

IMOGAIHENO|KADOTAOMIMUTO|UCHIIDEKOSHI|KOKOROMOSHIRUKU|TERUTSUKUYOKAMO

ローマ字読み|小文字

imogaiheno|kadotaomimuto|uchiidekoshi|kokoromoshiruku|terutsukuyokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|恋愛|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

いもがいへの,[寛]いもかいへの,
かどたをみむと,[寛]かとたをみむと,
うちいでこし,[寛]うちいてこし,
こころもしるく[寛],
てるつくよかも,[寛]てるつきよかも,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました