万葉集1438番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1438番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1438番について

歌番号

1438番

原文

霞立|春日里之|梅花|波奈尓将問常|吾念奈久尓

訓読

霞立つ春日の里の梅の花花に問はむと我が思はなくに

かな読み

かすみたつ|かすがのさとの|うめのはな|はなにとはむと|わがおもはなくに

カタカナ読み

カスミタツ|カスガノサトノ|ウメノハナ|ハナニトハムト|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

KASUMITATSU|KASUGANOSATONO|UMENOHANA|HANANITOHAMUTO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

kasumitatsu|kasuganosatono|umenohana|hananitohamuto|wagaomohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|春日|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かすみたつ[寛],
かすがのさとの,[寛]かすかのさとの,
うめのはな[寛],
はなにとはむと[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第8巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました