万葉集1541番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1541番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1541番について

歌番号

1541番

原文

吾岳尓|棹<壮>鹿来鳴|先芽之|花嬬問尓|来鳴棹<壮>鹿

訓読

我が岡にさを鹿来鳴く初萩の花妻どひに来鳴くさを鹿

かな読み

わがをかに|さをしかきなく|はつはぎの|はなつまどひに|きなくさをしか

カタカナ読み

ワガヲカニ|サヲシカキナク|ハツハギノ|ハナツマドヒニ|キナクサヲシカ

ローマ字読み|大文字

WAGAOKANI|SAOSHIKAKINAKU|HATSUHAGINO|HANATSUMADOHINI|KINAKUSAOSHIKA

ローマ字読み|小文字

wagaokani|saoshikakinaku|hatsuhagino|hanatsumadohini|kinakusaoshika

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|太宰府|植物|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|牡->壮【定本】|牡->壮【定本】

寛永版本

わがをかに,[寛]わかをかに,
さをしかきなく[寛],
はつはぎの,[寛]はつはきの,
はなつまどひに,[寛]はなつまとひに,
きなくさをしか[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました