万葉集1615番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1615番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1615番について

歌番号

1615番

原文

大乃浦之|其長濱尓|縁流浪|寛公乎|念<比>日|[大浦者遠江國之海濱名也]

訓読

大の浦のその長浜に寄する波ゆたけく君を思ふこのころ|[大浦者遠江國之海濱名也]

かな読み

おほのうらの|そのながはまに|よするなみ|ゆたけくきみを|おもふこのころ

カタカナ読み

オホノウラノ|ソノナガハマニ|ヨスルナミ|ユタケクキミヲ|オモフコノコロ

ローマ字読み|大文字

OHONORANO|SONONAGAHAMANI|YOSURUNAMI|YUTAKEKUKIMIO|OMOFUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

ohonorano|sononagahamani|yosurunami|yutakekukimio|omofukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|桜井王|和歌|静岡県|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|大乃【類】【古】(塙)大|此->比【古】【温】【京】

寛永版本

おほのうらの[寛],
そのながはまに,[寛]そのなかはまに,
よするなみ[寛],
ゆたけくきみを[寛],
おもふこのころ[寛],

巻数

第8巻

作者

聖武天皇

タイトルとURLをコピーしました