万葉集1448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1448番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1448番について

歌番号

1448番

原文

吾屋外尓|蒔之瞿麥|何時毛|花尓咲奈武|名蘇經乍見武

訓読

我がやどに蒔きしなでしこいつしかも花に咲きなむなそへつつ見む

かな読み

わがやどに|まきしなでしこ|いつしかも|はなにさきなむ|なそへつつみむ

カタカナ読み

ワガヤドニ|マキシナデシコ|イツシカモ|ハナニサキナム|ナソヘツツミム

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONI|MAKISHINADESHIKO|ITSUSHIKAMO|HANANISAKINAMU|NASOHETSUTSUMIMU

ローマ字読み|小文字

wagayadoni|makishinadeshiko|itsushikamo|hananisakinamu|nasohetsutsumimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|坂上大嬢|贈答|恋情|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどに,[寛]わかやとに,
まきしなでしこ,[寛]まきしなてしこ,
いつしかも[寛],
はなにさきなむ,[寛]はなにさかなむ,
なそへつつみむ[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました