万葉集1555番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1555番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1555番について

歌番号

1555番

原文

秋立而|幾日毛不有者|此宿流|朝開之風者|手本寒母

訓読

秋立ちて幾日もあらねばこの寝ぬる朝明の風は手本寒しも

かな読み

あきたちて|いくかもあらねば|このねぬる|あさけのかぜは|たもとさむしも

カタカナ読み

アキタチテ|イクカモアラネバ|コノネヌル|アサケノカゼハ|タモトサムシモ

ローマ字読み|大文字

AKITACHITE|IKUKAMOARANEBA|KONONENURU|ASAKENOKAZEHA|TAMOTOSAMUSHIMO

ローマ字読み|小文字

akitachite|ikukamoaraneba|kononenuru|asakenokazeha|tamotosamushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきたちて[寛],
いくかもあらねば,[寛]いくかもあらねは,
このねぬる[寛],
あさけのかぜは,[寛]あさけのかせは,
たもとさむしも[寛],

巻数

第8巻

作者

安貴王

タイトルとURLをコピーしました