万葉集1630番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1630番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1630番について

歌番号

1630番

原文

高圓之|野邊乃容花|面影尓|所見乍妹者|忘不勝裳

訓読

高円の野辺のかほ花面影に見えつつ妹は忘れかねつも

かな読み

たかまとの|のへのかほばな|おもかげに|みえつついもは|わすれかねつも

カタカナ読み

タカマトノ|ノヘノカホバナ|オモカゲニ|ミエツツイモハ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

TAKAMATONO|NOHENOKAHOBANA|OMOKAGENI|MIETSUTSUIMOHA|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

takamatono|nohenokahobana|omokageni|mietsutsuimoha|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|坂上大嬢|贈答|奈良|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たかまとの[寛],
のへのかほばな,[寛]のへのかほはな,
おもかげに,[寛]おもかけに,
みえつついもは[寛],
わすれかねつも[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました