万葉集1461番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1461番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1461番について

歌番号

1461番

原文

晝者咲|夜者戀宿|合歡木花|君耳将見哉|和氣佐倍尓見代

訓読

昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴さへに見よ

かな読み

ひるはさき|よるはこひぬる|ねぶのはな|きみのみみめや|わけさへにみよ

カタカナ読み

ヒルハサキ|ヨルハコヒヌル|ネブノハナ|キミノミミメヤ|ワケサヘニミヨ

ローマ字読み|大文字

HIRUHASAKI|YORUHAKOHINURU|NEBUNOHANA|KIMINOMIMIMEYA|WAKESAHENIMIYO

ローマ字読み|小文字

hiruhasaki|yoruhakohinuru|nebunohana|kiminomimimeya|wakesahenimiyo

左注|左註

右折<攀>合歡花并茅花贈也

事項|分類・ジャンル

春相聞|大伴家持|贈答|植物

校異

擧->攀【細】【温】【矢】【京】

寛永版本

ひるはさき[寛],
よるはこひぬる[寛],
ねぶのはな,[寛]ねふのはな,
きみのみみめや,[寛]きみのみみむや,
わけさへにみよ[寛],

巻数

第8巻

作者

紀女郎

タイトルとURLをコピーしました