万葉集1432番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1432番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1432番について

歌番号

1432番

原文

吾背兒我|見良牟佐保道乃|青柳乎|手折而谷裳|見<縁>欲得

訓読

我が背子が見らむ佐保道の青柳を手折りてだにも見むよしもがも

かな読み

わがせこが|みらむさほぢの|あをやぎを|たをりてだにも|みむよしもがも

カタカナ読み

ワガセコガ|ミラムサホヂノ|アヲヤギヲ|タヲリテダニモ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|MIRAMUSAHOJINO|AOYAGIO|TAORITEDANIMO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|miramusahojino|aoyagio|taoritedanimo|mimuyoshimogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|奈良|佐保|望郷|恋情|羈旅|植物|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|綵->縁【代匠記初稿本】

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
みらむさほぢの,[寛]みらむさほちの,
あをやぎを,[寛]あをやきを,
たをりてだにも,[寛]たをりてたにも,
みむよしもがも,[寛]みるいろにもか,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました