万葉集1514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1514番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1514番について

歌番号

1514番

原文

秋芽者|可咲有良之|吾屋戸之|淺茅之花乃|散去見者

訓読

秋萩は咲くべくあらし我がやどの浅茅が花の散りゆく見れば

かな読み

あきはぎは|さくべくあらし|わがやどの|あさぢがはなの|ちりゆくみれば

カタカナ読み

アキハギハ|サクベクアラシ|ワガヤドノ|アサヂガハナノ|チリユクミレバ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGIHA|SAKUBEKUARASHI|WAGAYADONO|ASAJIGAHANANO|CHIRIYUKUMIREBA

ローマ字読み|小文字

akihagiha|sakubekuarashi|wagayadono|asajigahanano|chiriyukumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎは,[寛]あきはきは,
さくべくあらし,[寛]さきぬへからし,
わがやどの,[寛]わかやとの,
あさぢがはなの,[寛]あさちかはなの,
ちりゆくみれば,[寛]ちりゆくみれは,

巻数

第8巻

作者

穂積皇子

タイトルとURLをコピーしました